家族間売買は無理?住宅ローンが払えない!

キャッシングベスト3

家族間売買は難しい?住宅ローンを払えなくなってしまいました

私は、数年前に、住宅ローンを利用して、夢のマイホームを手に入れました。今までは順調に返済していたのですが、勤めていた会社の経営があまりうまくいっておらず、給料が減額されたうえに、ボーナスもなしになってしまいました。

このままでは、住宅ローンを払えなくなり、せっかく手に入れた自分の家を、競売するか、任意売却するしかないようで、とても困っていました。しかし、家族間売買という方法があると知ったのですが、これをするのは難しいのでしょうか?

家族間売買は可能です!住宅ローンが払えない場合について

住宅ローンを払えなくなった場合、競売か任意売却かの方法をせまられます。これらの方法で売却すると、せっかくの自分の家に住むことができなくなります。ですが、質問者様のおっしゃるとおり、家族間売買という方法は、自分の家に住んだままでいられます。

家族間売買は、自分の両親や兄弟、親戚、友達というあなたが信頼をおける人に家を売り、将来的に買い戻すつもりであれば、借りるというかたちであなたが住むことができるのです。しかし借りるのですから、家賃としてお金を払うことで、その買ってくれた人に少しでも迷惑をかけないためです。

しかし家族間売買では住宅ローンを組むことが難しいとされます、なぜなら、親子や身内ということで、売買するのに、かたよった金額の設定になる危険性など、身内だからこその問題や、住宅ローンは一般的に金利が低いので、家を買うこと以外の買い物に利用されてしまうというような危険が考えられるからです。

しかし、世間と同じような条件で売買しているという通常基準の金額が証明できたり、このような家族間売買等の問題を解決することができる信用できる会社が関わる場合など、信頼できるような条件がある場合は住宅ローンを組むことができることもあるようです。

ローンではなく、現金で払う場合も審査は厳しく、こちらも上記のような信頼できる証拠となるものがなければ難しいので、自分で勝手にすすめるのではなく、このような家族間売買に詳しい会社に相談するようにしましょう。

家族間売買が成立し、家族みんな幸せに暮らせると良いですね。頑張ってください。

家族間でもローンの売却が出来る任意売却とは

住宅ローンを組み、その残りのローンが支払えなくなり住宅が競売にかけられるという事がよくあります。競売にかけられてしまうと、手数料やら色々かかり、更に長引いてしまったり、そしてなんと言っても高い値段ではほぼ売れないのが目に見えてる為、競売にかける前に、自ら任意売却してしまうという事がよくあります。任意売却の場合、手数料はかからない事が多いため、この方法を取る方が多いようです。

ちなみに、家族間で任意売却をするという例も最近増えて来てるようです。住宅ローンを支払えなくなった親のために、任意売却をしてローンを息子が支払うなどの例です。親子間の任意売却の場合、銀行がなかなかローンを貸したがりません。色々と相続などの問題なども絡んでくるからだそうです。

ただし、第三者が間に入ると、銀行もローンを貸してくれるようになります。第三者が間にいる事により、銀行も信用してくれるようになるという事です。任意売却をする側は、第三者に手数料を支払うという形で、信用を得る事になるのです。

親子間の任意売却をするメリットは多大にあります。任意売却をした方がメリットが大きいのか、またはデメリットはどんな事があるのかをきちんと一つ一つ整理していき、手数料を支払って任意売却をしても得になるという場合に任意売却をする事をお勧めします。色々と難しい面もあるため、自分ですべてやろうと思わずに、プロに頼むのが一番うまくいくのでは無いでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 1000円からキャッシング可能な金融会社も!※ランキング表示 All Rights Reserved.